Living with Dog

1. 犬と暮らす前に

犬と暮らせる環境ですか?

今は空前のペットブームだそうですね。
ペットショップへ行くと、とても可愛い犬の赤ちゃんがいっぱいいます。ついつい欲しくなってしまうけど、その前によく考えて!犬はぬいぐるみではないのです。
今の住まいはペット禁止の物件ではありませんか?持ち家やペット可の物件なら問題ありませんが、賃貸物件に暮らしている方は賃貸契約書や、管理規約などをよく読んでください。
私は不動産屋に勤めていましたが、『見つからなければ大丈夫、吠えないようにするから大丈夫、他にも飼っている人がいるから・・・』などの理由をつけて、ペット禁止の物件で犬を飼っている方を見てきました。
でも、よく考えてみてください。
見つかったらどうなりますか?強制退去や違約金の問題だけでなく、その後も犬と生活していけますか?
実は、大半の方が犬との暮らしをあきらめて、犬を手放していったのです。その後の犬の行方は考えたくありません。
そんなことにならないように、まずは犬と暮らせる環境かきちんと確認してください。犬を迎えることで、今までとは違う暮らしに変化します。
今までのように突然思い立って旅行に行くことも、朝から晩まで家を空けることもできません。他にも散歩の時間を作ったりと、今までの暮らしにさまざまな制約を受けることになります。
犬の寿命は10数年です。その間、それを我慢できますか?犬はあなたが責任と愛情を持って育てないと生きていけません。犬は昔からの習性でグループで行動していく生き物です。ひとりぼっちはとても耐えられない寂しさを感じ、ストレスがたまることでしょう。
ペットを飼うという気持ちよりも、もうひとり家族が増えるという気持ちでちゃんと一緒に生活していけるのか、最後まで面倒を見ていけるのかもう一度よく考えてみてください。

意外とかかるお金のこと

犬と暮らすということは、思っている以上にお金がかかります。病院にかかると、1回の通院で数千円~数万円のお金が飛んでいきます。
仔犬を迎えてしまえばなんとかなると思いがちですが、少し冷静になって考えてみてください。

 

【ワンコに掛かる費用】
項目
金額
備考
年間費用
◆日常使用するもの
サークル
6,000
ペットキャリー
4,000
ベッド
2,000
トイレ用トレイ
1,500
食器・給水器
2,000
首輪・リード
3,000
ブラシ・コーム
2,000
◆日常使用する消耗品
ドッグフード
1,800
1ヶ月1袋使用
21,600
トイレシーツ
1,300
1ヶ月1パック使用
15,600
シャンプー・リンス
1,800
半年ごと
3,200
ブラッシング用スプレー
2,400
半年ごと
4,800
消臭剤(粗相の後に使用)
500
2ヶ月ごと
3,000
◆登録費用・医療費
血統書名義変更
13,100
JKC登録、年会費込み
健康診断
4,000
検便等
4,000
混合ワクチン接種
8,500
7種混合2回接種
17,000
畜犬登録
3,000
狂犬病予防接種
3,200
3,200
血液検査
3,500
フィラリア抗原検査
3,500
フィラリア予防薬
2,000
5月~12月まで
16,000
◆美容院
シャンプー
4,200
2ヶ月に1回
25,200
トリミング
6,300
2ヶ月に1回
37,800
仔犬を迎えるのに必要な金額
65,600
年間費用合計
154,900

*ウチのマルチーズの場合の費用です。犬種によって金額は異なります。

単純に思い浮かぶだけでこれだけの費用が掛かるのです。他にも爪きりや洋服などを購入することを考えると、さらに金額が増えますね。
なんとかなると甘く考えてほんとに大丈夫?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing